市販のホワイトニングはどのくらいの頻度で白くなるのか

市販のホワイトニングで歯を白くする方法

歯を白くするためにすべきこと

市販のホワイトニング剤には様々なものがあります。一般に販売されているホワイトニング剤は国内、海外の物を含めて多種多様な成分が含まれているのです。どれを選ぶかは、どのように使うのか、また何を求めるのかによってポイントがあります。購入時は成分を把握しましょう。

市販のホワイトニング剤に含まれる成分

歯医者さんやサロンで受けるホワイトニング。歯が白くなることはわかっているけれど、自費治療のため施術に高額な費用がかかってしまう。手軽にホワイトニングするなら、市販のホワイトニング剤を使って毎日ケアするのが一番。
しかし家でホワイトニング剤を使っても効果を実感しづらいこともあるが、一体どのくらいの頻度で使えば、市販のホワイトニング剤で歯の白さを感じられるのだろう。
実はこの疑問には1つ大きな間違いが存在しています。
市販のホワイトニング剤では、歯医者さんのようなホワイトニング効果を得ることはできません。そもそも歯医者さんのホワイトニングと、市販のホワイトニング剤に含まれる成分には大きな違いがあるのです。
歯医者さんのホワイトニングは歯を白くするための施術ですが、市販のホワイトニング剤は歯を白くするのではなく歯を本来の色に戻すもの。人の歯にはそれぞれ個人差があります。生まれつき若干黄ばみのある歯を持つ人もいれば、白に近いクリーム色のひともいます。
市販のホワイトニング剤は、本来の歯の色に戻す効果を持っているにすぎず、どれだけ使用頻度を上げたとしても、歯医者さんが施術で出すような白さは出ないのです。
しかしそこまでの白さを求めていなくても、なかなか効果を実感しないという方もいます。結構な頻度で使っていても、元の色に戻らない、着色汚れが落ちていない気がする。こうした場合は使い方、使う際のアイテム選びにちょっとした配慮が必要かもしれません。
そこで市販のホワイトニング剤を使って歯の着色汚れをキレイにするためのコツについてまとめました。

ホワイトニング剤の使い方も大切

市販のホワイトニング剤では使い方も大切です。どのくらいの頻度なら効果を実感するのか、より実感するためにどんな使い方がいいのか等、使い方という点にクローズアップしました。今までホワイトニング剤に効果を感じなかったという方もちょっとした使い方のコツで変化を感じるかもしれません。

ホワイトニング剤だけでなく併用も

市販のホワイトニング剤の効果を実感するためには、頻度と併せて使い方、そしてホワイトニング剤だけに頼らないことも大切です。お口の適切なケアこそ、ホワイトニング剤の効果をより高める秘訣ともなるのです。そこでどんなケアが良いのか、併用すべきアイテムをご紹介します。

TOPへ戻る