>

歯を白くするためにすべきこと

一般的に市販されるホワイトニング剤

市販のホワイトニング剤にはチューブに入ったペーストタイプやジェルタイプなど、様々なものがあり、購入前にまずは製品の成分欄を確認することが大切です。
一般的に販売されているホワイトニング剤に含まれるものとして、歯の表面の着色汚れを落とすためのポリリン酸ナトリウム通称STPが含まれているもの、またタバコのヤニを溶解する効果を持つPEGと称されるポリエチレングリコールなどが含まれるものがあります。このほか、歯の表面を滑らかにする効果としてハイドロキシアパタイト、歯の表面をコーティングする高濃度フッ素なども薬用ホワイトニング剤に含まれる成分です。
他に海外製品のホワイトニング剤には過酸化水素、過酸化尿素などが含まれていることがあります。これらは強い成分のため日本人にはしみることや痛みが出ることがあり、使用には注意が必要です。

マメな頻度で使うなら

市販のホワイトニング剤で効果を実感したいと思えば、強い成分の方が効果的と感じるかもしれません。しかし海外製品に含まれる過酸化水素や過酸化尿素は、強い成分であるため日本の法律ではホワイトニング剤に含めることが禁じられています。
特に強い成分は歯の表面を傷つける恐れだけでなく、歯茎の炎症を引き起こす可能性もあり、使用にはより高い注意が求められます。海外製品は、その国の人の体質に合わせて作られたもの。違う国の人が使えば、そこには問題も生じるものと心得ましょう。
毎日のブラッシング時などマメな頻度で使用するものなら、安全面を考慮してもポリリン酸ナトリウムやハイドロキシアパタイト、高濃度フッ素が含まれているホワイトニング剤がオススメです。


TOPへ戻る