>

ホワイトニング剤の使い方も大切

一般的に効果を感じる頻度とは

歯医者さんで受けるホワイトニングと違い、市販のホワイトニング剤は効果を実感しづらいと言われていますが、そもそも市販のホワイトニング剤と歯医者さんのホワイトニングは趣旨が違うからです。歯医者さんのホワイトニングは歯を白くする目的であり、市販のホワイトニング剤は少し違って、歯を本来の色に戻す効果しかありません。
一般的には適切な使用方法を守って毎日使用することで、市販のホワイトニング剤を1つ使い切る頃には歯の着色汚れはキレイに落ちると言われています。毎日、正しく使えばおおむね1か月後には着色汚れを除去できるということ。
ただし正しい使い方であること、またあくまでも本来の歯の色に戻すというところがポイントです。生まれつきの歯の色に黄ばみがあれば、市販のホワイトニング剤ではそれ以上は白くなりません。

より効果を実感するために

市販のホワイトニング剤は、歯の着色汚れを落とし、本来の歯の色を取り戻す効果を持つもの。つまりこの点にポイントを置いて日頃の生活を行う、またホワイトニング剤を使用することで、よりホワイトニング効果を実感することにつながります。
市販のホワイトニング剤を使用する際には、なるべく日々の着色汚れに意識して生活しましょう。着色しやすい食べ物、例えばカレーやコーヒーなどを飲食した後はなるべく早めにくちをすすぐこと、喫煙の後も同様です。
さらに市販のホワイトニング剤の使用頻度も大切。毎日のケアはもちろん大切ですが、使用前後のケアも意識しましょう。ホワイトニング剤を使う前に歯や歯茎の汚れをブラッシングでキレイにすること、汚れを落としてからホワイトニングを浸透させること、ブラッシング後にはすすぎを短く軽く済ませることが大切です。


TOPへ戻る